会社案内

大口酒造株式会社の歴史

1970年(昭和45年)8月、伊佐市の大口及び菱刈の酒造会社11事業所(10法人・1個人)が、酒質の向上、市場の安定、県外出荷をテーマに、製造から販売までを一貫して行なう全面協業の協業組合を発足させ、銘柄を「伊佐錦」に統一しました。

2007年(平成19年)12月には株式会社へと組織変更を行い、今日に至っています。1987年(昭和62年)、黒麹仕込みによる「黒伊佐錦」を開発・発売して好評を得ました。

当社の商品としましては、「伊佐錦」「黒伊佐錦」をブランドに、伊佐米を使用した PB(プライベートブランド)商品「伊佐舞」などがあり、県内をはじめ全国一円に展開しています。当地は気候や良質の水など、焼酎造りの天然環境に恵まれ、素材や原料の厳選のほか、伝統の技と近代的製法が融合して、その製品に深い味わいを醸し出しています。

伊佐錦ができるまで
黒伊佐錦

おいしいお水をどうぞ

当工場で生産される焼酎は、地下100m(第二蒸溜所は地下150m)より湧き出る清水を使用しています(仕込み水、焼酎の割り水に使用しています)。 薬品を一切使用せず、オゾン殺菌しておりますので、お飲みいただけますし、お茶にも、焼酎の燗付けにも最適です。 本社工場入り口、第二蒸溜所入り口に設置している水汲み場では、どなたでも自由においしいお水を汲んで、お持ち帰りになれます。

場所案内はこちら

社章のコンセプト

大口酒造のイニシャル「O」をシンプルに表現し、力強さや親しみやすさ、はつらつとした進取の社風という意味合いをこめています バックのカラーは名水の里・大口をイメージし、水のもつ爽やかさやまろやかさをマークに託しています。下段には黒バックに伊佐錦のロゴを配して、安定感・信頼感を表現。長年にわたって親しまれてきたロゴタイプを継承し、歴史、伝統、のれんを大切にする姿勢を打ち出しています。

社長挨拶

代表取締役社長

向原 英作

焼酎は、五百年ほど前から南九州で親しまれてきた蒸留酒です。特に、鹿児島の県民酒といえば、芋焼酎。焼酎王国鹿児島の中でも、伊佐は焼酎処として定評があります。 皆さんもご存知でしょうか、郡山八幡神社の柱貫の一部に「焼酎」の落書きが記されていました。この文字は、日本で一番古い「焼酎」という字になります。永禄二年(一五五九)と記されています。

郡山八幡神社は、1949年(昭和24年)に重要文化財として国の指定を受けています。そして、1954年(昭和29年)の解体修理で見つかった柱貫の一部の落書きには次のように記されていました。

柱貫落書き_「焼酎」最古の文字
この落書きが、「焼酎」という字の初見です。けちな座主が一度も焼酎を飲ませてくれなかったと書いて社殿の見えないところに隠して人々に訴えたかったのでしょう。座主にとっては、迷惑な事ですが、末代の私達には貴重な記録を残してくれたことになります。 これらのことから、南九州ではこの時代、焼酎が飲まれていたことを示しています。 余談ですが、天文・永禄の時代、伊佐盆地は、人馬がやっと通れるくらいの道しかない奥薩摩の陸封地帯だったようです。何とも愉快な事哉。

会社概要

会社名
大口酒造株式会社
所在地
<本社>
〒895-2506 鹿児島県伊佐市大口原田 643 番地
TEL 0995-22-1213
FAX 0995-22-9381

<第二蒸溜所>
〒895-2706 鹿児島県伊佐市菱刈田中1660番地
TEL 0995-26-5500
FAX 0995-26-5300

<配送センター>
〒895-2703 鹿児島県伊佐市菱刈花北848番地18
TEL 0995-26-2000
FAX 0995-26-5160

<福岡営業所>
〒812-0037 福岡県福岡市博多区御供所町5-22 梅津ビル2階
TEL 092-292-8283
FAX 092-292-8583
お問い合わせ
お問い合わせはこちらから
URL
https://www.isanishiki.com/
設立
昭和45年 8月 1日
事業
本格焼酎の製造及び販売
資本金
6,000万円(平成27年4月1日現在)
代表取締役社長
向原 英作
従業員数
105名(令和2年4月1日現在)

会社沿革・受賞歴

STAY UP TO DATE

Submit your email to get updates on Island products and special promotions.