その他環境への取り組み

一升瓶はリサイクルの優等生

ガラスビンの生産量は、1990年の253万トンをピークに、2004年では150万トンに激減。 リターナルビン(再利用できるビン)は、1980年の140万トンをピークに2004年では30万トンに激減。 一升瓶は、14億本を越えるビンが流通し、繰り返し利用されていましたが、10億本を切るようになり、そのシステムそのものが危惧されています。 リユースシステムの優等生がピンチ!

一升瓶はリサイクルの優等生

ワンウェイビンからリユースビンへ

平成13年までワンウェイビンを再利用していたが、PL法等市場の流れから再利用を断念。そのような中、環境省が進める「循環型社会形成実証事業」の一つにリターナブルビン(R瓶)の新たなシステムをつくるモデル事業「南九州における900ml茶瓶統一リユースモデル事業」が採択されました。

環境に優しいR瓶

CO2排出量

R900瓶の回収率とCO2の削減量のグラフ

R900ビン製造時のCO2排出量は512 g/本です。 R900ビンの再利用により、16年間でCO2排出量を2,610 トン抑制しました。 これは当社の9ヶ月分のCO2排出量に相当します(R1年度CO2排出量:3,373 トン)。

環境省 平成15・16年度 循環型社会形成実証事業

南九州における900ml茶びんの統一リユースシステムモデル事業 回収率は、徐々に向上しているが、採算ラインの30%にはまだ到達していない。Rビンの広報活動が、不可欠! リサイクルからリユースへの流れを作る。

Rマーク

びんリユース事業の共通メリット
清酒・焼酎メーカー 流通 地方自治体
1、社会的責任
2、資材コスト削減
3、作業の効率化
4、廃棄物処理費用の削減
1、リユース手数料の発生
2、廃棄物処理費用の削減
1、廃棄物の削減
2、節税効果
 

伊佐市内の空きビン・焼酎紙パックのリサイクル

伊佐市内の酒屋にて回収した空きビンや焼酎紙パックを、大口酒造に集め、まとめてリサイクルする制度を平成24年からスタートしました。 

Rびんの流れ

STAY UP TO DATE

Submit your email to get updates on Island products and special promotions.