環境の取り組み

「エコアクション21」に大口酒造株式会社・本社工場が認証・登録

エコアクション21認証・登録。平成18年12月15日に、環境省主催の環境に関する認証制度である「エコアクション21」に大口酒造株式会社・本社工場が認証・登録されました。

エコアクション21

伊佐市

エコアクション21認証・登録

エコアクション

エコアクション21認証・登録 平成18年12月15日に、環境省主催の環境に関する認証制度である「エコアクション21」に大口酒造株式会社・本社工場が認証・登録されました。平成20年12月には関連事業所である、本社事務所、第二蒸溜所、花北配送センターの更新審査を行い現在、全事業所でエコアクション21に取り組んでいます。

詳しくはこちら
エコアクション

CO2排出量の削減

CO2排出量の削減令和元年度の全事業所CO2排出量は3,373トンであり、前年比89%に減少しました。エコ活動の継続により、平成21~令和元年の間で平成20年度と比べて削減したCO2量の積算値は8,930トンとなりました。これは平成20年度の排出量の1.8倍量です。

詳しくはこちら
CO2グラフ

その他環境への取り組み

茶びんの流れ

一升瓶はリサイクルの優等生ガラスビンの生産量は、1990年の253万トンをピークに、2004年では150万トンに激減。リターナルビン(再利用できるビン)は、1980年の140万トンをピークに2004年では30万トンに激減。一升瓶は、14億本を越えるビンが流通し、繰り返し利用されていましたが、10億本を切るようになり、そのシステムそのものが危惧されています。 リユースシステムの優等生がピンチ!

詳しくはこちら
茶びんの流れ

焼酎粕と畜産のコラボレーション

LFS(リキッドフィーディング)による焼酎粕の有効利用焼酎粕の廃棄の現状鹿児島県の焼酎粕の発生量は年間約40万トン強と多量に排出されています。当社では最大1日に約150トンの焼酎粕が排出されています。以前は、海洋投入により焼酎粕を処分していましたが、国際法であるロンドン条約96議定書を背景に、国内においては海洋汚染防止法が改正され、平成19年4月から焼酎粕の海洋投入が原則禁止になります。

詳しくはこちら
LFS

STAY UP TO DATE

Submit your email to get updates on Island products and special promotions.