おいしい焼酎で会いましょう。 さつま焼酎<<伊佐錦>>

第十六夜 陽の酒

第十六夜 陽の酒

「田舎から焼酎が送ってきた」

そう言って、鹿児島生まれの友が、
一升瓶を裸のままぶら下げてきた。

ヤカンをコンロにかけてお湯をわかし、
コップにゴボゴボ半分ほどお湯を入れ、
一升瓶から芋焼酎をドボドボそそいだ。

img_11その瞬間、
芋焼酎独特のあたたかい香りがひろがった。
そして部屋の中に陽が射したように、
焼酎をそそいだグラスが輝いた。

「乾杯!」

友はゴクッと三分ほど飲み、
お互いとびっきりの笑顔になった。

「それ、飲め!」

「グッと、いけ!」

そんな調子で焼酎も話もはずんだ。
語りながら、笑いながら、グラスをかざすと、
焼酎の海がきらめいて、
今宵はこの海で真っ黒になるまで
浴びていたいなと、
とてもホットな気分になっていた。
彼は南国のギラギラ輝く太陽を
持って来たのかもしれない。

陽の酒「芋焼酎」に、感謝!

PAGETOP
Copyright © Okuchi Shuzo Company limited. All Rights Reserved.