おいしい焼酎で会いましょう。 さつま焼酎<<伊佐錦>>

第九夜 ラベルが語るもの

 第九夜 ラベルが語るもの

焼酎にも、顔がある。お湯割りを飲みながら、近頃そんなことを考える。 カウンターに並ぶ焼酎のラベルの中に、いろんな顔が見えてくる。

華やかな顔。淡白な顔。 気取った顔。素朴な顔。 新しい顔。昔ながらの顔…。

伊佐錦のラベルの文字は、鹿児島県大口市出身の歴史小説家である海音寺潮五郎氏の筆によるもの。西暦二〇〇一年は、海音寺氏生誕百年の年でもある。

img_05「薩摩の焼酎は、日本一…、いな世界一である…。その薩摩焼酎の中で伊佐郡の焼酎を最上とするとは、鹿児島県内の定評である…。僕のふるさとの焼酎なのである」

そんな讃辞と共に贈られたラベルの文字。技巧に頼らない、悠然とした筆使いが、この焼酎の性格のすべてを物語っている。おいしいイモは、いい顔をしている。

PAGETOP
Copyright © Okuchi Shuzo Company limited. All Rights Reserved.